摂食障害と向き合うことが大切|病気と戦うための治療

医者

腰の病気の改善を試みる

2人の医者

腰椎椎間板ヘルニアの治療においては手術などを行う場合もあり得ますが、手術に抵抗がある場合は腰痛トレーニングなどの工夫を行い、改善を試みてみるのも良いでしょう。ただしその前に、腰椎椎間板ヘルニアかどうかを病院で確認した方が良いと言えます。

閉経前後の体と向き合う

女の人

体の変化を受け入れる

この時期に女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少して体調不良を引き起こします。エストロゲンが減少すると、これまでエストロゲンでバランスをとっていた色々な機能が上手く働かなくなります。更年期障害は、このように女性ホルモンの急激な減少に体が対応することができなくなり、自律神経が乱れることによって、心身の不調があらわれてきます。また、自律神経が乱れることによって食欲が急に湧かなくなったり、逆に食欲が増してしまったりすることもあります。これによって摂食障害を起こしてしまう方も少なくないので摂食障害などの問題にも注意しなければなりません。しかし、更年期障害は治療することができるので、一人で悩んで苦しまず病院で受診することも大切です。いつかは治るだろうと放置して重症化すると、全く起き上がれなくなり寝込んでしまうという場合もあります。日常生活も困難になっては大変なので、早めに治療することをお勧めします。

具体的な対策法

更年期障害の治療は3つに分かれ、それぞれ特徴があります。まずはホルモン療法があります。ホルモン療法は減少したエストロゲンを補う治療法で、更年期障害の根本の原因を追究したものです。ホルモン療法は、保険が適用されるので、金銭的にも負担が少なくてすみ、もっとも期待された治療法です。次に、漢方薬による治療法があります。ホルモン療法が使えない場合や、さまざまな更年期障害の症状が重複している場合などに使われる治療法です。更年期障害は、治療するのに長期化する場合もあるので、副作用の少ない漢方薬を取り入れることも有効です。3つ目は抗うつ薬や抗不安薬などの薬物療法です。更年期障害で精神神経症状が大きくあらわれ、ホルモン療法でも無効な場合に使用される治療法です。

出来ることは意外に沢山

案内

大腸がんの治療で、早期発見にはとても重要です。市や職場での検診であれば少額で受けることが出来ます。また、大腸がんの治療は近年選択肢が広がり、がんに大いに作用させることが出来るのです。NK細胞をつかった治療では、副作用がないというメリットがあります。

増えてきた大腸の病気

マスクをした女の人

日本人に急激に多くなってきた大腸がんには、直腸に見られる直腸がんもその種類の1つとなっています。これにかかると症状があらわれるものの、痔と勘違いしてしまう人もいるので注意しなくてはいけません。直腸がんは検診で発見していくことができるので、万が一の場合、早めの治療で完治していくことは充分に可能です。